第36回全国城下町シンポジウム福井大会

5月26日から28日にかけて、第36回全国城下町シンポジウム福井大会が開催されました。

26日(金)、第36回全国城下町シンポジウム福井大会の最初のプログラムは、佐佳枝廼社にて成功祈願から始まりました。この大会の成功を祈願するとともに、参加していただけるメンバー、そして一般参加者の皆様に城下町のもつ魅力を感じていただき、城下町を有するまちの在り方を共に考える機会になればと考えました。

続いて、市長・県知事表敬訪問を実施しました。青年会議所のもつパワーとネットワークを最大限に活かしていただきたいと期待されていました。私たちもご協力いただいている関係諸団体に感謝し、本大会の成功で恩を返していきたいと強く感じました。

そして、ウェルカムパーティーでは、来賓の皆様をお迎えし、またメンバーとともに福井青年会議所の大会にかける熱い想いを感じ、大会が一丸となって邁進できる機運を高めることができました。

27日(土)は、開会式典、オープニングで幕開けです。圧倒的されるような会場の設営に驚きを隠せませんでした。また、北 康利氏によるご講演は、福井の偉人を人柄も併せてご紹介していただき、とても興味を引く内容でした。

分科会では、振氣一点の4つのプログラムに分かれ、一乗谷朝倉氏遺跡、足羽河原を訪れる体験型、松平春嶽、橋本佐内など人スポットに福井の精神を学ぶ学習型のプログラムにて福井を学べる機会でした。

大交流会は福井市中央公園、ハピテラスの2つに会場を分かれての実施は驚きを隠せませんでした。駅前のハピテラスは福井駅を行きかう方々にもご参加いただけ、大型モニタでハピテラスの状況を映し出し、多くの方々を巻き込む設えはかなりのインパクトがあったと思います。

28日(日)は、この大会を締めくくるメインフォーラム、閉会式典です。メインフォーラムでは藩校教育を通じながら福井の精神性への理解を更に深めました。ご講演はテレビでもお馴染みの金谷 俊一郎氏は、福井への愛が詰まった語り方でご講演をしていただきました。

最後になりましたが、福井大会に多くのメンバーでご参加していただき誠に感謝申し上げます。城郭が残っていない福井での大会は五感を揺さぶる内容であり、目に見えない価値の大切さ、それこそが青年会議所が取り組むべき活動テーマの大きな柱ではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です